お問い合わせ

新居浜暮らしブログ

2019.05.15

くらし

歓喜の陽光(ひかり)

藤田 惠

5月9日は、別子銅山開坑記念日でした。
元禄4年に、幕府から別子銅山開坑許可を受けた特別な日。

別子銅山記念館では、
5月9日正午に記念館に集った人たちで、歓喜の陽光(ひかり)を鑑賞する
という恒例行事があります。

記念館の天井には、直径約40センチの丸い天窓があり、
5月9日の正午に、その天窓からまっすぐ一筋の光が入るように設計されています。
その光が歓喜の陽光(ひかり)です。

予約制でもなんでもなくて、
歓喜の陽光のことを知っている人たちが集まって、
みんなで鑑賞するという行事です。

光が入るのは、正午前後の数分間だけ。
この時だけ、館内を真っ暗にして、
歓喜の陽光を鑑賞したり、手のひらで光を受け取ったりします。
これはもちろん晴天の日限定です。

私も過去に一度だけ、
まっすぐ伸びる一筋の光を観ることができました。(その時の写真がない〜〜〜)

残念ながらここ数年はお天気に恵まれず、
今年のお天気もとっても微妙で、
直前まで雨とかちらつくし、
ほぼほぼ諦めムードでしたが、
正午になるタイミングでぎりぎり雨も上がり、
力強い光とは言えないけど、
優しい柔らかな光が差し込みました。

手のひらで光を受け取ると、
ふんわりとした温かみを感じることができました。

とてもありがたい光。

光を受け取りつつ、
限られた時間で写真撮影しないと!!
でも焦ると、ろくな写真が撮れない。
というお決まりなパターンにしっかり当てはまってしまいました。😭
何撮ったのかよくわからない写真たちですがどうぞご覧ください。

せっかくなので、過去写真も。
▼これは2015年の写真です▼

この年の開坑記念日も残念な雨模様で、
歓喜の陽光を観賞することができませんでしたが、
その翌日の5月10日も、少し角度は変わるけど同じような光が入るという話を聞き、
2日連続記念館へ!😄

この日も正午になると館内が暗くなりました。

 

 

とっても力強い光。
手のひらで受け取ると、ずっしり重かったです。

できることなら、来年もまた行きたい〜〜。
来年の開坑記念日はどうか晴れますように〜〜〜。

 


おまけ

5月下旬頃のお楽しみ。
別子銅山記念館の屋根がサツキの花で埋め尽くされます。
これは昨年5月19日に撮った写真です。

今年もそろそろサツキが咲き始めるころです。

藤田 惠

ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』案内役/にいはま温故知新隊/しまんと新聞ばっぐインストラクター

プロフィール
別子銅山産業遺産の美しさに心を奪われたことがきっかけで、故郷新居浜の今と昔に興味を持ちました。ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』では、ワタシ目線で見つけた新居浜の魅力あるスポットを案内していきたいと思っております。▶︎Instagram

一覧へもどる

この人は他にこんな記事を書いています

PAGETOP

お問い合わせ

新居浜市に関するご質問にお答えします。資料送付のご依頼にも対応いたします。
WEBサイト、またはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。

新居浜市 地方創生推進課

tel. 0897-65-1238

受付時間:月~金 8:30~17:15

フォームから問い合わせる

PAGE TOP