お問い合わせ

新居浜暮らしブログ

2019.05.22

くらし

旧広瀬邸へ

藤田 惠

先日旧広瀬邸に行ってきました。

旧広瀬邸は、「別子銅山を支えた実業家の先駆的な近代和風住宅」
として平成15年に国の重要文化財に指定された
とても素敵な場所です。

私にとっての旧広瀬邸は、
わざわざ行く特別な場所ではなく、
イベントがある時や、お隣の広瀬歴史記念館で企画展がある時や、
桜や紅葉が綺麗なシーズンや、
何もない時でも、遠くから来た人をご案内したり、
気軽に頻繁に訪れるお気に入りの場所です。

自宅からも気軽に行ける距離といいうのも魅力です。

この日も、前もって予定していたわけではなく、
お茶しながら話の流れで『今から行きましょう〜〜!』
みたいな感じで旧広瀬邸行きが決まりました。

ちょうど桜の新緑マックス!のタイミングで、
望煙楼(広瀬さんが名付けたそうです)からの景色もそれはそれは美しく、
瀬戸内海に浮かぶ島々まで確認できました。
いい日に来たな〜〜。
カメラ持ってきたらよかったと後悔。
急に決まったんだから仕方ないよね〜〜

▼望煙楼からの眺め(似たような写真を何枚も撮ってしまいました。)

私の萌えポイントの屋根の避雷針や、天窓、
裏の煉瓦塀もご案内できてよかったです♪

 

 


 

 

話は変わりますが、広瀬邸つながりで、
先日坊っちゃん劇場のミュージカル『瀬戸内工進曲』を観に行きました。

別子銅山が舞台のミュージカルです。

その舞台に使われていたセットのデザインを見ていて、
これは旧広瀬邸新座敷の欄間の模様をモチーフにしたのかな??

ミュージカルを観ながらそんなことに気付いて、ひとりでニヤニヤしてしまいました。
他にも、これは旧端出場水力発電所の丸い窓のデザインがモチーフかな?みたいなものもありました。
そういう発見も楽しかったです。

『瀬戸内工進曲』は、2020年3月中旬までのロングランですよ。
ぜひ、劇場へ!!

最後のトークショーで撮影OKタイムがありましたが、
その時の舞台セットは太鼓台の絵でした。

藤田 惠

ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』案内役/にいはま温故知新隊/しまんと新聞ばっぐインストラクター

プロフィール
別子銅山産業遺産の美しさに心を奪われたことがきっかけで、故郷新居浜の今と昔に興味を持ちました。ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』では、ワタシ目線で見つけた新居浜の魅力あるスポットを案内していきたいと思っております。▶︎Instagram

一覧へもどる

この人は他にこんな記事を書いています

PAGETOP

お問い合わせ

新居浜市に関するご質問にお答えします。資料送付のご依頼にも対応いたします。
WEBサイト、またはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。

新居浜市 地方創生推進課

tel. 0897-65-1238

受付時間:月~金 8:30~17:15

フォームから問い合わせる

PAGE TOP