お問い合わせ

新居浜暮らしブログ

2019.09.24

まち

多喜浜で塩づくり体験

藤田 惠

愛媛県東予東部エリア(新居浜市・西条市・四国中央市)で絶賛開催中!
東予東部圏域振興イベント

えひめさんさん物語

チャレンジプログラム

多喜浜塩田の歴史と文化・塩づくり体験学習

に行ってきました〜〜♪

多喜浜という地域は、かつて塩田で栄えたまちです。
そんな地域の歴史を学びながら、
塩づくり体験ができるプログラムです。

場所は多喜浜小学校内にある「ソルティ多喜浜」。

こちらには流下式のミニ塩田があり、
多喜浜小学校の生徒さんはもちろん、
新居浜市内の小学6年生は、全員ここで塩づくり体験をするそうです。

大人の人たちは、このソルティ多喜浜で
塩づくり体験できるチャンスはなかなかないと思いますが、
えひめさんさん物語の期間中は、大人のみなさんも気軽に体験できちゃいます。
これは参加しないと!!!
ですよね。

これがソルティ多喜浜内にある枝条架(しじょうか)というものになります。

こういった設備が小学校内にあるって、塩田で栄えたまちならではですね。

ソルティ多喜浜では、この枝条架や流下盤というものを使って、
近くの海から汲み上げた、塩分濃度約3%の海水を、塩分濃度約18%まで濃くします。

今回の塩づくり体験は、
こちらのミニ塩田で事前に準備された塩分濃度約18%の塩水を、
土鍋でくるくるかき混ぜて塩を作るという体験になります。

それでは塩づくり体験スタートです。

塩分濃度約18%の塩水を沸騰させます。

私たちはひたすらスプーンでかき混ぜます。

動画撮ったり、写真撮ったりしながらだったので
くるくるかき混ぜる私の手は、休みがちでしたが(笑)、
なんとか、塩が完成しました。

多喜浜産の塩です。

上手な人が作ると、もっと真っ白でサラサラになるそうですが、
私たちが作った塩はちょっと黄色くて、ダマがいっぱいの塩(笑)。
でも大満足です。

オリジナルキャラクター「ソルティちゃん」の袋に入れてお持ち帰りできるのも嬉しいですね♪

たいしたことしてないけど、自分が作った塩だって思うと、
あまり得意ではない料理も楽しくなります。笑

地域のみなさんの丁寧なご指導のおかげで、わたしも塩づくり体験ができました。
本当にありがとうございました。

塩づくり体験しながら、塩田の歴史も学ぶことができる
このプログラムは
10月と11月にも開催が予定されていますよ。
みなさんもいかがですか?

日程
10月5日(土)、10月6日(日)、10月27日(日)
11月16日(土)、11月17日(日)

詳しくはコチラをどうぞ。

藤田 惠

ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』案内役/にいはま温故知新隊/しまんと新聞ばっぐインストラクター

プロフィール
別子銅山産業遺産の美しさに心を奪われたことがきっかけで、故郷新居浜の今と昔に興味を持ちました。ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』では、ワタシ目線で見つけた新居浜の魅力あるスポットを案内していきたいと思っております。▶︎Instagram

一覧へもどる

この人は他にこんな記事を書いています

PAGETOP

お問い合わせ

新居浜市に関するご質問にお答えします。資料送付のご依頼にも対応いたします。
WEBサイト、またはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。

新居浜市 地方創生推進課

tel. 0897-65-1238

受付時間:月~金 8:30~17:15

フォームから問い合わせる

PAGE TOP