お問い合わせ

新居浜暮らしブログ

2019.12.12

まち

ニイハマ写真部 『まち歩き撮影会』 〜立川地区〜 ②(別子鉱山鉄道)

藤田 惠


『ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』〜立川地区〜(11月30日土曜日 開催)

振り返り①

ニイハマ写真部 『まち歩き撮影会』 〜立川地区〜① (立川中宿跡)


のつづきです。

立川中宿跡を出発して、次の撮影ポイントに向かいます。

どうしてもみんなで石積みの坂道を歩きたかったので、
わざわざそこを歩かなくても目的地には行けるのだけど、
プチ遠回りをして石積みルートで目的地に向かいました。

その後のルートもわざわざ狭い道をチョイスしました。
こんな道↓

もちろん一列歩行です♪

本当は、もっと広い道もあって、そっちから行く方が近道だったりするのですが、
ルート調査の際に実際歩いてみて、狭い道のほうが私がワクワクしたという理由で
これまたプチ遠回りです。

事前に許可をいただいて、こんなところまで歩きました。笑↓

プチ遠回りをしながら、次の撮影ポイントに到着です。
まずは、全体がよく見える少し離れたところから。

みなさんの視線の先に、花崗岩の立派な石垣があります。
その上に、明治26年に完成した
別子鉱山鉄道下部鉄道の廃線跡と
鉄道用のトンネル物言嶽隧道があります。
別子鉱山鉄道には上部鉄道と下部鉄道があり、
こちらは下部鉄道になります。
鉄道が完成したことで、一度にたくさんの物資が運べるようになり、
運搬の近代化がどんどん進みました。

こんなイメージ↓

マイントピア別子がある端出場から、
海岸の惣開までを結ぶ約10.4㎞の鉄道跡です。
この鉄道は昭和52年まで利用されていました。

線路は残っていませんが、
レンガ造りのトンネルは、現在も元の姿を残しています。

それでは近くまで行ってみましょう〜。

花崗岩の石垣。立派です。
これは谷積みでしょうか???

自然石と切石の境目が私の萌えポイントです。

そしてトンネル入り口のレンガが下まで続いています。
明治時代のレンガです。
これはイギリス積みですね。

場所はココ↓

しばらく撮影を楽しんでいただき、
次の撮影ポイントに向かって出発です。

つづく

 


 

【公式】Hello! NEW 新居浜Instagram←こちらに参加された方の写真がリポストされていますので、是非ご覧ください。

さらに、リポストされた写真のほかにも  #ニイハマ写真部 ←をつけて投稿していただいている中にも
ステキな立川の写真がたくさんありますので、ぜひ探してみてくださいね!!

参加者のみなさんがそれぞれの観点で撮った写真です。
私もトキメク☆ステキな写真がいっぱい♪

藤田 惠

ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』案内役/にいはま温故知新隊/しまんと新聞ばっぐインストラクター

プロフィール
別子銅山産業遺産の美しさに心を奪われたことがきっかけで、故郷新居浜の今と昔に興味を持ちました。ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』では、ワタシ目線で見つけた新居浜の魅力あるスポットを案内していきたいと思っております。▶︎Instagram

一覧へもどる

この人は他にこんな記事を書いています

PAGETOP

お問い合わせ

新居浜市に関するご質問にお答えします。資料送付のご依頼にも対応いたします。
WEBサイト、またはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。

新居浜市 地方創生推進課

tel. 0897-65-1238

受付時間:月~金 8:30~17:15

フォームから問い合わせる

PAGE TOP