お問い合わせ

新居浜暮らしブログ

2021.08.30

くらし

この記事の「ええね!」

みんなの海 2021

伊藤 淳

2021の夏が終わろうとしている。

今年の夏はもう大丈夫だろうと誰もが思っていたはずのコロナ。

なんてことはない。ますます猛威をふるって、新しい株まで登場してきて、ワクチン接種を急ぐ夏になった。

でも、予定通り東京オリンピックは開催され、今はパラリンピックが開催され、スポーツがもつ、人と人を、そして世界をつなげる力の素晴らしさを実感している。

私は飲食店を経営しているので、今は自粛営業中。自分のことだけではなく、市民の感染者数を思うと、納得したうえでの決断だ。

今日の日曜日も、通常ならば忙しく過ぎていく夕暮れ時も、静まりかえっている。

すぐ裏にある海に出て、涼しくなった海風を感じていると、目に入ってきたゴミたち。

「あ!ゴミあるやん。」

いつもならば、土日に海遊びをするお客さんが、ゴミ拾いをしてくれるのだ。海に感謝の気持ちを込めて。

でも、今日は静かな海にはたくさんのゴミ。

私は、ボランティア袋と火柱を持ち、西の端からゆっくり歩く。

あるわ、あるわ。ゴミをよく見ると面白い。なんで、こんなゴミがここに流れてくるん?こんなん、捨てる?普通。

などなど、ひとりツッコミをしながら、あっという間に東の端まで歩く。

気がつけば、袋は満タンに。

 

「あれ?この石可愛い」

ふと、ゴミ以外に目をやると、いろんな形の石たち。

手ごろなサイズの流木も拾ってみる。

声がして振り返ると、仲の良いカップルが堤防に座っている。

日中はあんなにも猛暑だったのに、夕暮れ時はこんなに優しい風が吹いている。

忙しく過ぎていたら、気付かないことはまだまだある。

新居浜からなかなか出られずにいるけど、それもまた楽しもう。

みなさんも、コロナだからこその、発見はありましたか?

 

 

 

20+

一覧へもどる

この人は他にこんな記事を書いています

PAGETOP

お問い合わせ

新居浜市に関するご質問にお答えします。資料送付のご依頼にも対応いたします。
WEBサイト、またはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。

新居浜市 地方創生推進課

tel. 0897-65-1238

受付時間:月~金 8:30~17:15

フォームから問い合わせる

PAGE TOP