お問い合わせ

新居浜暮らしブログ

2019.06.19

まち

ニイハマ写真部 『まち歩き撮影会』 〜登り道周辺〜 振り返り⑦

藤田 惠

ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』〜登り道周辺〜(5月25日土曜日 開催)

振り返り①
振り返り②
振り返り③
振り返り④
振り返り⑤
振り返り⑥
のつづきです。

次の撮影ポイントは、
武徳殿から道路はさんで南にある新居浜市市民文化センターです。

文化センターは、本館・大ホール・別館に分かれています。
本館と大ホールは、昭和37年の建築で、
別館が昭和49年の建築になります。

まずは別館の外観からどうぞ。

築およそ45年という建物なのに、
レンガ風の壁って、なんとなく古臭さを感じさせない印象です。

そして、特に私がおすすめしたいポイントは、
レンガ風アーチが並ぶとってもオシャレな別館ロビーです。
ロビーに入った瞬間、どこか異国の街並みに迷い込んだような・・・・・
それは、言い過ぎかもしれませんが(笑)、
一瞬そんな感覚になったことがあるのは事実です。

▼こちらで木村さん、撮影レクチャータイムです。

木村さんありがとうございました。

 

次に別館3階にあるプラネタリウムをご案内しました。

意外と知られていないのが、
このプラネタリウム、今も6・7・8月の3ヶ月だけ営業しているということ。

入場料は、大人60円・子供10円
新居浜の市民プールと同じ料金です。
オドロキの料金です!!

デジタルなプラネタリウムでは味わうことのできない、
アナログの世界が魅力的です。
手動で稲妻や流れ星を発生させたり、
なんとオーロラまで見せてくれるそうです。
すべてアナログということは、かなり熟練した技術が必要ですね。
撮影会のタイミングで、プラネタリウムの上映はさすがに無理でしたが、
みなさんには自由に室内の撮影を楽しんでいただきました。

こちらのコニカミノルタ製のレトロな投影機は、
現在稼働中のものでは、全国的にかなり古いものになるそうです。

ここにも新居浜の宝がありました!!

文化センターさん、ありがとうございました。

次に、文化センター大ホールの外観をご案内しました。

案内というか、私が気になっているモノをみなさんにも見ていただきました。
▼この大ホールのてっぺんの両端にある、白い物体です。

文化センターの方に確認してみましたが、
これが何を意味するものなのか、わからないそうです。
資料も残っていないそうです。

シャチホコのようにも見えるし、
鬼瓦や鴟尾の洋風バージョンなのかな?とか、
いろいろ想像を膨らませています。

さて、最後の撮影ポイントは、文化センターのすぐ南にある中央公園です。

つづく

藤田 惠

ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』案内役/にいはま温故知新隊/しまんと新聞ばっぐインストラクター

プロフィール
別子銅山産業遺産の美しさに心を奪われたことがきっかけで、故郷新居浜の今と昔に興味を持ちました。ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』では、ワタシ目線で見つけた新居浜の魅力あるスポットを案内していきたいと思っております。▶︎Instagram

一覧へもどる

この人は他にこんな記事を書いています

PAGETOP

お問い合わせ

新居浜市に関するご質問にお答えします。資料送付のご依頼にも対応いたします。
WEBサイト、またはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。

新居浜市 地方創生推進課

tel. 0897-65-1238

受付時間:月~金 8:30~17:15

フォームから問い合わせる

PAGE TOP