お問い合わせ

新居浜暮らしブログ

2019.09.02

まち

ニイハマ写真部 『まち歩き撮影会』 〜日暮別邸記念館〜 振り返り④

藤田 惠

『ニイハマ写真部 まち歩き撮影会』〜日暮別邸記念館〜(7月27日土曜日 開催)

振り返り①
振り返り②
振り返り③

のつづきです。

さてそれでは、日暮別邸記念館館内にお邪魔しましょう。



まず、この日暮別邸の移築工事についてですが、

解体と保存に向けた綿密な調査から始まり、
“取解き工事”という手法で進められました。
取解きとは、仕組みを解明しながら、部材を一つひとつ番号をつけて、
どこに何があったかを記録して、外していく手法で、
移築先で使えるかどうかを確認しながら、
およそ1万点の内装部材を約3ヶ月かけて運搬し、
可能な限り、忠実に元どおりに復元したそうです。

▼取解き工事についての説明▼

 

 


通常は撮影禁止の館内ですが、
この日は、特別に1階の撮影許可をいただくことができました。
本当にありがとうございました。

さらに嬉しかったのが、館長さんが直々に館内と展望台の案内をして下さった事です。
丁寧にご対応くださいましたこと重ねてお礼申し上げます。

この日限りということで、参加されたみなさんも撮影に熱が入っている様子でした。

 

 

それでは、特別に許可をいただいて撮影した写真とともに、
館内を(ごく一部ですが)ご紹介いたします♪
シンプルな中に、優れたデザインや、こだわり抜かれた技術がたっぷり詰まった館内です。

まず玄関入ると早速素敵な照明が!

この照明は、日暮別邸を設計した野口孫市さんのデザインだそうです。

 

そしてこちらが応接室です。じゃーーん

↑この暖炉の石に注目!↑
この暖炉の石は大島石です。
なんと!奥行きのあるしっかりした石が埋め込まれているそうです。
取解きにより、移築後も石の並びは変わっていません。

階段下にある、暖炉を囲む英国風の小さな団欒スペースをイングルヌックというそうです。

可愛いスペースですね〜〜。

床板は栂の柾目を使用しています。

取解き工事により、板の並び順も四阪島にあった時と同じです。
なので、床の傷もちゃんと繋がってますね。すごい〜〜。

階段親柱の紋様も素敵なんですよ。

果実の断面のような洒落た紋様です。
当時流行していたアーツ・アンド・クラフツのデザイン様式を取り入れたと言われているそうです。
サンルームのテーブルにもよく似た文様が。

これは食堂の天井です。

杉材を組んだ格天井は、
車知継(しゃちつぎ)という伝統技法で作られています。
枡の中心には竹材が使われています。
簡素ながらも重厚で繊細なつくりです。
こちらも取り解き工事で復元したものだそうです。
想像しただけで気の遠くなる作業ですね。

この腰壁は杉皮です。

こちらも取解き復元されたものです。
非常に薄い材なので、取解き工事はかなりのご苦労があったようです。

 

そしてここがサンルーム。
サンルームって一般的には南向のイメージですが、ここは北向き。
それはなぜかというと、
煙害問題を見守るという目的で、
製錬所がよく見えるように建てられたので北向きなのです。


まだまだ紹介したいデザインや技術がたくさんありますが、
今日はこのへんにしておきましょう。

ぜひ、現地で、実物を見ていただきたいです。
なんと入場は無料ですよ!

【公式】Hello! NEW 新居浜Instagram←こちらに参加された方の写真がリポストされていますので、是非ご覧ください。

1階の撮影を楽しんだあとは、2階の展示室の見学をして、展望台に向かいました。

つづく。

藤田 惠

ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』案内役/にいはま温故知新隊/しまんと新聞ばっぐインストラクター

プロフィール
別子銅山産業遺産の美しさに心を奪われたことがきっかけで、故郷新居浜の今と昔に興味を持ちました。ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』では、ワタシ目線で見つけた新居浜の魅力あるスポットを案内していきたいと思っております。▶︎Instagram

一覧へもどる

この人は他にこんな記事を書いています

PAGETOP

お問い合わせ

新居浜市に関するご質問にお答えします。資料送付のご依頼にも対応いたします。
WEBサイト、またはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。

新居浜市 地方創生推進課

tel. 0897-65-1238

受付時間:月~金 8:30~17:15

フォームから問い合わせる

PAGE TOP