お問い合わせ

新居浜暮らしブログ

2019.10.29

まち

ニイハマ写真部 『まち歩き撮影会』 〜多喜浜周辺〜 振り返り③

藤田 惠

『ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』〜多喜浜周辺〜(9月28日土曜日 開催)

振り返り①
振り返り②

のつづきです。

白浜銀座を東に進み、多喜浜公民館多喜浜小学校に到着です。
▼まずはこちら▼

一番最初に立ち寄った岡城館歴史公園と同じく、新居浜市の神野俊山さんの書です。
残存する漢字の中で最も古い書体「金文」です。

今回は時間の都合で立ち寄りませんでしたが、
多喜浜公民館の2階には多喜浜塩田資料展示室があります。

こちらの展示室には、岡本家7代目当主で洋画家の岡本忠道が描いた絵画、大正時代の『白浜入り川』や、
白浜銀座のジオラマの展示もあります。

▼塩田で使われていた道具の展示▼

そして多喜浜小学校内には、塩づくり体験ができるミニ塩田『ソルティ多喜浜』や『塩の学習館』があります。

塩づくり体験と、ミニ塩田については、
過去のブログをご覧ください。

ここで私のオススメ注目ポイントは多喜浜小学校体育館

▼窓が塩の結晶の形になっていたり▼

▼壁には塩田で浜引きしたときにできる模様▼

▼この竹すのこは、沼井(ぬい)という塩分濃度を高くする装置に敷き詰められる竹すのこをイメージしたものだとか▼

塩田で栄えた街ならではのデザインが随所に!

窓や壁は道路からも見ることが可能ですので、
近くを通る時は、ちょっと意識して見てみてください。

次に、小学校から東に徒歩約1分のところにある、東浜金毘羅宮をご案内しました。


こちらも白浜金刀毘羅宮と同様におまつりされた金毘羅宮です。
塩田が廃田になった現在も大切におまつりされています。

ここから次の撮影ポイントまで少し距離があります。
みなさん自由に撮影しながら目的地に向かいました。

道中、虫を見つけて撮影に夢中になっている少年と
それを優しく見守る写真家の木村さん。


こういう光景いいですね♪

つづく


【公式】Hello! NEW 新居浜Instagram←こちらに参加された方の写真がリポストされていますので、是非ご覧ください。

さらに、リポストされた写真のほかにも  #ニイハマ写真部 ←をつけて投稿していただいている中にも
ステキな多喜浜の写真がたくさんありますので、ぜひ探してみてくださいね!!

藤田 惠

ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』案内役/にいはま温故知新隊/しまんと新聞ばっぐインストラクター

プロフィール
別子銅山産業遺産の美しさに心を奪われたことがきっかけで、故郷新居浜の今と昔に興味を持ちました。ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』では、ワタシ目線で見つけた新居浜の魅力あるスポットを案内していきたいと思っております。▶︎Instagram

一覧へもどる

この人は他にこんな記事を書いています

PAGETOP

お問い合わせ

新居浜市に関するご質問にお答えします。資料送付のご依頼にも対応いたします。
WEBサイト、またはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。

新居浜市 地方創生推進課

tel. 0897-65-1238

受付時間:月~金 8:30~17:15

フォームから問い合わせる

PAGE TOP