お問い合わせ

新居浜暮らしブログ

2019.11.05

まち

ニイハマ写真部 『まち歩き撮影会』 〜多喜浜周辺〜 振り返り④

藤田 惠

『ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』〜多喜浜周辺〜(9月28日土曜日 開催)

振り返り①
振り返り②
振り返り③

のつづきです。

東浜金毘羅宮から東に進み、

阿島川沿いの、↓秘密基地みたいな場所↓  を曲がってを少し南に進むと、

アツケシソウの保存活動をされている岡田さんのお宅に到着です。

アツケシソウは海水が出入りする湿地に生える一年草で、
この池も海水が入るようにないっています。

塩田があった地域など、限られた場所でしか見ることのできない珍しい植物で、
昭和59年に新居浜市の天然記念物に指定されました。

現在、岡田さんが保存活動をされているアツケシソウは、
もともとは塩田の周辺に自生していたものを、
廃田後工業団地として埋め立てが始まり、絶滅寸前のところを、
岡田さんが自宅に持ち帰り、保存活動が始まったそうです。

アツケシソウは、明治の頃から多喜浜の塩田周辺に自生していたのですが、
その当時は、名前がわからないということで、学校の先生に調査してもらったり、
さらには、あの植物博士の牧野富太郎さんに調査依頼をして、
牧野さんがこの地を訪れたこともあるそうです。
オドロキです。

今回まち歩き撮影会では、アツケシソウのことだけではなく、
多喜浜塩田のことや、神社のこと、などなど、
わからないことがあるとすぐ岡田さん所に行き、その都度教えていただいたり、
ルートマップの内容のチェックをお願いしたり、
本当にお世話になりました。ありがとうございました。

というわけで、今年は何度もアツケシソウを見ることができました。

↓9月3日に訪問した時のアツケシソウ↓

↓9月13日に訪問した時は、アツケシソウの花が咲いていました。
わかりますか?
白い小さな点々。コレが花なんだそうです。↓

花が小さすぎて、カメラのピント合わせも、
肉眼で見るのも必死です。笑

10月下旬頃から紅葉がはじまると聞いていたので、
11月1日に再び訪問しました。
緑色だった部分が赤く染まってサンゴのようです。
ただ、今年は台風の影響や、諸々の気候の関係で、
色づきがあまり良くないそうです。
それでも昨年は紅葉のシーズンに訪問することができなかったので、
今年は行けてよかった!!

保存活動は、簡単にできることではなく、
いろいろなご苦労があるとのことで、
本当に感謝しかありません。
岡田さん、ありがとうございます。

それでは、新居大島が見える海岸線に向かって出発です。

つづく。

【公式】Hello! NEW 新居浜Instagram←こちらに参加された方の写真がリポストされていますので、是非ご覧ください。

さらに、リポストされた写真のほかにも  #ニイハマ写真部 ←をつけて投稿していただいている中にも
ステキな多喜浜の写真がたくさんありますので、ぜひ探してみてくださいね!!

藤田 惠

ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』案内役/にいはま温故知新隊/しまんと新聞ばっぐインストラクター

プロフィール
別子銅山産業遺産の美しさに心を奪われたことがきっかけで、故郷新居浜の今と昔に興味を持ちました。ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』では、ワタシ目線で見つけた新居浜の魅力あるスポットを案内していきたいと思っております。▶︎Instagram

一覧へもどる

この人は他にこんな記事を書いています

PAGETOP

お問い合わせ

新居浜市に関するご質問にお答えします。資料送付のご依頼にも対応いたします。
WEBサイト、またはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。

新居浜市 地方創生推進課

tel. 0897-65-1238

受付時間:月~金 8:30~17:15

フォームから問い合わせる

PAGE TOP