お問い合わせ

新居浜暮らしブログ

2018.11.29

まち

「海の銅婚式」に参加しました!

広瀬 香織

 

「海の銅婚式」に参加しました!

 

今から3年前に新居浜市の観光施設であるマイントピア別子の入り口にある『銅婚の里』の記念碑をふと見て、「これは一体何だろう?」と思った私は、早速、市役所などに問い合わせたところ「特に新居浜市では、銅婚式の伝統的なイベントなどしていません。」というご回答を頂きました。それならば「私が考えよう!」と思い立ち、新居浜市の地域活性化、夫婦、家族の絆を強める事業として『銅婚式ツアー』、『銅婚式イベント』、『銅婚モニュメント』等を思いつきました。この事を通して、新居浜市に多くの方が訪れて下さり、新居浜市の魅力を体験し、同時に夫婦の絆が強まり、幸せなご家族が増えてほしいと願いました。早速、銅婚式に関する一連のアイデアを新居浜市にFaxしたところ、すぐに、そのアイデアは採用され、新居浜市の企画として予算化され2016年から新居浜市は結婚7年目を祝う銅婚式のイベントを開催しています。そして、ついに私自身も今年銅婚式を迎え『海の銅婚式』に応募させて頂きました。結果は当選!11月3日(土)40名程度の夫婦、家族がマリンパークに集まり、まずは新居浜生まれのグラスに絵付け体験をしました!新居浜硝子は、なんと銅を採取した後に出る廃石から造られた硝子で、とても綺麗な深緑色をしています。石から硝子が出来ることを初めて知り、目からウロコが落ちました。その後、出来立てのグラスで乾杯!

 

 

 

 

 

レストラン ブラン・ブルーが誇るシェフ特製の銅婚グルメを堪能しました。新居浜市の特産物である白芋で作ったスープ、愛媛県産の美味しい鯛とビーフのメインディッシュ、デザートは白芋を使った白いプリンでした。白芋は程よい上品な甘さが癖になる美味しさでした。

 

 

 

 

 

 

 

そして、プレミアムな銅婚式証明書まで頂きました。なんと新居浜市出身のイラストレーターであるスタジオジブリの近藤勝也さん(新居浜ふるさと観光大使)描き下ろしのイラストの入った銅婚証明書でした。新居浜市でしか頂けないプレミアムな証明書です!

 

 

 

 

 

 

その後、一同は銅婚クルージング!いざ、大島へ!私は新居浜市在住15年目ですが、今回、初めて大島に行きました。このような機会がなければ、ずっと大島には行かずじまいだったかもしれません。そこで幻の芋と言われる七福芋(白芋)の芋掘り収穫体験!鍬を畑に下ろすごとに、沢山のまるまると太った白芋が次々と顔を出しました。子どもから大人まで歓声をあげて芋掘りを楽しみました。収穫した芋を手に港に戻ると、「ジャックのパン屋」で有名なジャック・マニャンさんがお出まし下さり、スイスの本格派窯焼きパン二種類を1人1人に手渡して下さいました。噂には聞いていましたが、噛めば噛むほどパン本来のうまみが口の中で広がるような美味しいパンでした。本当に良い記念になりました!『銅婚の里ツアー』はこのように、新居浜市の魅力がぎゅっと詰まった体験型ツアーです。私自身も新居浜市の魅力を再発見致しました。私たち夫婦の絆も強まったのではないかと思います。自分が発案した銅婚式イベントに応募し、今回、当事者としてご参加させて頂いたということは、本当に夢のようであり、また不思議な感覚でした。今年から『銅婚の里ツアー』は全夫婦、全家族が対象となりましたので、結婚の年数に関係なく応募できます。ぜひ、一度、皆様もお申込みをされてはいかがでしょうか。

 

広瀬 香織

新居浜子ども食堂中村松木店共同代表/日本キリスト教団 新居浜教会主任牧師/児童英語インストラクター

プロフィール
東京都出身 2004年4月に愛媛県新居浜市に移住。2011年7月 廣瀬宰平6代目子孫と結婚。新居浜市の『銅婚式イベント』発案者。新居浜の皆さんに親しまれる牧師を目指して日夜、奮闘中!子ども食堂と学習支援を通して、子どもたちの健やかな心身の成長を見守っています。 ▶︎Facebook

一覧へもどる

この人は他にこんな記事を書いています

PAGETOP

お問い合わせ

新居浜市に関するご質問にお答えします。資料送付のご依頼にも対応いたします。
WEBサイト、またはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。

新居浜市 地方創生推進課

tel. 0897-65-1238

受付時間:月~金 8:30~17:15

フォームから問い合わせる

PAGE TOP