お問い合わせ

移住インタビュー

豊かな自然の中で、感性が磨かれるまち

学芸員 鈴木裕司さん、 専業主婦 綾美さん

夫の裕司さんは静岡県、妻の綾美さんは栃木県出身。 裕司さんは新居浜市内にある愛媛県総合科学博物館の学芸員。綾美さんは現在、専業主婦。

  • 20代
  • Iターン
  • 夫婦
  • まち暮らし
  • 就職

Q.移住の経緯を教えてください

裕司さん:
僕は静岡県出身で、職業は天文の学芸員です。
大阪府や福井県の博物館で働いてきましたが、転職を機に、福井から新居浜へ来ることになりました。
学芸員は全国のどこで募集があるかわからないのですが、新居浜市にある愛媛県総合科学博物館で求人があり、そこで採用されたため、妻とともに移住しました。

綾美さん:
私は栃木県の出身です。
看護師として働いた後に転職し、博物館のスタッフをしていました。
福井でプラネタリウムの仕事をしているときに現在の夫と出会い、結婚。
新居浜への移住にあたり退職し、今は専業主婦をしています。

Q.不安はありませんでしたか?

綾美さん:
旅行が好きなのですが四国には行ったことがなかったので、「一体どんなところなんだろう?」と少しドキドキしていました。

裕司さん:
移住が決まってからは、『新居浜Life』をはじめ、インターネットで新居浜市の情報収集をしていました。
“市民の3分の1が県外出身者”というデータや、“風通しの良いまち”という評判を目にして、「本当に風通しが良いのかな?!」と思っていました(笑)。
僕はそれ以前も仕事に伴って転居をしてきたので、不安よりも、未知の場所に行くワクワク感のほうが大きかったですね。

Q.移り住んでの感想、まちの印象、魅力

綾美さん:
とにかく野菜が安いことに驚きました!
スーパーの数も多くて、そのほとんどに産直コーナーがあるので、出来るだけそこで買うようにしています。
安いだけでなく新鮮で美味しくて、毎日の料理が楽しくなりました。

裕司さん:
僕は、新居浜の方々が “外の人” を全く意識していないことに拍子抜けしました。
これまで住んだ地方都市では、「どこから来たの?」「どこの人?」とよく聞かれていましたが、新居浜では聞かれたことがありません。
みなさん、優しくて親切な方ばかりです。

綾美さん:
新居浜は海と山が近く、自然を身近に感じられることも魅力です。
夫婦ともに地方出身者なので、やはり落ち着きますね。

裕司さん:
僕は工場夜景が好きなので、新居浜の工場群も気に入りました。
夫婦共通の趣味のひとつが写真を撮ることなので、国領川(こくりょうがわ)の河川敷に妻と行き、散歩しながら夕景や夜景を撮影して楽しんでいます。それから、自転車道が整備されているのも気に入っています。
新居浜に来て数カ月は自転車が移動手段でしたが、どこへ行くにも走りやすい。
夫婦でサイクリングも楽しんでいます。

Q.移住して良かったことは?

裕司さん:
自然を身近に感じながら快適に暮らせることです。
新居浜はコンパクトで、とても住みやすいと思います。

綾美さん:
新鮮な野菜を食べる機会が増えたことです。
移住を機に専業主婦になり自炊が多くなりましたが、野菜が安いので助かります。
地魚も豊富なので、これからもっと料理に挑戦したいです。

Q.地元に溶け込むコツは?

裕司さん:
溶け込もうと努力しなくても普通に暮らせるのが、新居浜のすごいところかもしれません。
強いて言うなら、これから地域のイベントに積極的に参加していきたいと思っています。
僕は新居浜に来てから地元産の柑橘を使ってジャムを作っているので、そういった手作り食品をおすそ分けしながら地域の方とコミュニケーションをとってみようかな、とも考えています。

綾美さん:
新居浜へ引っ越した直後にコロナでステイホームの時期になってしまい、専業主婦の私は、まだ地元の方との接触がほぼゼロなのですが…(笑)。
私も、行きたい場所やイベントが色々あるので、早く行ってみたいです!
マイントピア別子に行きたいし、まち歩きしながら写真を撮る「ニイハマ写真部」にも参加したい。
新居浜には素敵なカフェや面白そうなイベントが沢山あるので、好きなお店や場が見つかれば、そこで気の合う人に出会える気がします。

Q.移住を検討している方へメッセージを

綾美さん:
新居浜は、ゆっくり、のんびりと暮らせるまちです。
地方都市の中では、まち全体のセンスが良く、新しいことや刺激が多いと感じます。
市の取り組みやPRの仕方も、自由で開放的な印象。
市役所も雰囲気が明るく、対応が早いことに驚きました!

裕司さん:
新居浜は気候もとても良く、僕が今まで暮らした地域の中でいちばんです。
晴れの日が多いので、朝起きて窓を開けるだけで、前向きな気持ちで1日をスタートできますよ。
豊かな自然に抱かれてマイペースに生活でき、自分の感度が上がるのを感じます。
それを刺激するモノ・コトが豊富にある新居浜は、 “感性が磨かれるまち” だと思います!

お気に入りポイント

別子銅山記念図書館

別子銅山記念図書館
蔵書がとりわけ多いというわけではないと思うのですが、僕たちにとっては痒いところに手が届く本がそろっています。 天文や地質に関する自然科学系の本をよく借りています。

垣生(はぶ)海岸から見る夕日

垣生(はぶ)海岸から見る夕日
夫と、車が停められて海が見える場所がないかとGoogleMapで探していて見つけました。 しまなみ方面に沈む夕日と、工場群のシルエットとのコントラストがとてもキレイです。

一覧へもどる

PAGETOP

お問い合わせ

新居浜市に関するご質問にお答えします。資料送付のご依頼にも対応いたします。
WEBサイト、またはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。

新居浜市 地方創生推進課

tel. 0897-65-1238

受付時間:月~金 8:30~17:15

フォームから問い合わせる

PAGE TOP