お問い合わせ

新居浜暮らしブログ

2020.01.07

まち

ニイハマ写真部 『まち歩き撮影会』 〜立川地区〜⑥ (龍河神社①)

藤田 惠

2020年あけましておめでとうございます。
本年もニイハマ写真部をどうぞよろしくお願いいたします。

昨年のまち歩き撮影会も、たくさんの方にご応募ご参加いただき、
心から感謝しております。
ありがとうございました。

そしてまち歩き撮影会は、残すところあと1回。
みなさんに楽しんでいただけるように、そして新居浜の魅力が発信できるように
精一杯準備を進めております。
最終回のニイハマ写真部『まち歩き撮影会』は1月25日(土)です。
申し込み締め切りは1月15日!
詳しくはコチラでご確認ください。
皆様のご応募お待ちしております。

次回の準備をしながら、引き続き昨年のまち歩き撮影会の振り返りをしたいと思います。

『ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』〜立川地区〜(11月30日土曜日 開催)

振り返り①

ニイハマ写真部 『まち歩き撮影会』 〜立川地区〜① (立川中宿跡)


振り返り②

ニイハマ写真部 『まち歩き撮影会』 〜立川地区〜 ②(別子鉱山鉄道)


振り返り③

ニイハマ写真部 『まち歩き撮影会』 〜立川地区〜 ③(牛車道)


振り返り④

ニイハマ写真部 『まち歩き撮影会』 〜立川地区〜④ (石積み集落と吊り橋)


振り返り⑤

ニイハマ写真部 『まち歩き撮影会』 〜立川地区〜⑤ (再び石積み集落)


のつづきです。

石積み集落をしばらく進むと
石積み集落の生活道と、龍河神社(りゅうかわじんじゃ)の参道が交差する地点に到着しました↓

境内を囲むように群生してる林は、ツガ、ヒノキなどの針葉樹と
クスノキ、ヤブツバキなどの照葉樹が混じり合った自然林です。
昭和59年に新居浜市の天然記念物に指定されました。

そして参道の途中にある、歴史を感じる狛犬 ↓

かなり古いもののようです。
立川銅山4代目支配人 渡海屋平左衛門が献上した狛犬と言われています。
この渡海屋平左衛門の読み方がわからなくて、
わからないままだと、まち歩き撮影会で案内することができない!!ということに気付き、
図書館へ行き、教えていただきました。
とかいやへいざえもんと読むそうです。
別子銅山記念図書館さんにはいつも大変お世話になっております。
いつもありがとうございます。

それでは、ここから龍河神社の参道に入り、
長く続く石段を登りましょう。↓

喋ると息切れするので(笑)、社殿に着くまで私は静かに石段を登ることに集中しました。
そしてようやく、社殿に到着です。↓

龍河神社は龍古乃別君(たつこのわけぎみ)を地域の開祖神としておまつりしています。

この立派な狛犬は、住友鉱業(現:住友金属鉱山)別子鉱業所 所長 三村起一が献上した狛犬です。↓

昭和13年の文字が刻まれています。↓

土台もしっかりしていてかなり堂々としたサイズですね。

こちらでしばらく撮影を楽しんでいただき、
今度は長い石段を下の県道まで一気に下ります。

聞いた話によると、龍河神社の石段は全部で278段あるそうです。
教えてくださった方が『たぶん278段』(笑)とおっしゃっていたので、
確実に278段あるかどうかは不明です。

それでは足を踏み外さないように注意しながら
ゆっくりゆっくり下りましょう。↓

落ち葉が絵になる↓

つづく。

龍河神社の場所はコチラです↓

【公式】Hello! NEW 新居浜Instagram←こちらに参加された方の写真がリポストされていますので、是非ご覧くださいね。

 

藤田 惠

ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』案内役/にいはま温故知新隊/しまんと新聞ばっぐインストラクター

プロフィール
別子銅山産業遺産の美しさに心を奪われたことがきっかけで、故郷新居浜の今と昔に興味を持ちました。ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』では、ワタシ目線で見つけた新居浜の魅力あるスポットを案内していきたいと思っております。▶︎Instagram

一覧へもどる

この人は他にこんな記事を書いています

PAGETOP

お問い合わせ

新居浜市に関するご質問にお答えします。資料送付のご依頼にも対応いたします。
WEBサイト、またはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。

新居浜市 地方創生推進課

tel. 0897-65-1238

受付時間:月~金 8:30~17:15

フォームから問い合わせる

PAGE TOP