お問い合わせ

新居浜暮らしブログ

2020.03.11

まち

この記事の「ええね!」

ニイハマ写真部『まち歩き撮影会』〜愛媛県総合科学博物館〜(円錐タワー)

藤田 惠

『ニイハマ写真部 まち歩き撮影会』〜愛媛県総合科学博物館〜(1月25日土曜日 開催)

振り返り①(建築のこと①)
振り返り②(建築のこと②)
振り返り③(プラネタリウムドーム)
振り返り④(屋外展示①)
振り返り⑤(屋外展示②)
振り返り⑥(屋外展示③)
振り返り⑦(屋外展示④)
振り返り⑧(噴水)
振り返り⑨(◯△□)
振り返り⑩(屋上)

科学博物館の外観で、ひときわ目を引くガラスの円錐タワーについて
お話しさせていただきました。

この円錐タワーの高さは38mあります。

ガラスの円錐タワーは国内外の黒川紀章建築に多く用いられていて、
黒川建築のトレードマーク的な存在になっています。

というわけで、どんなところにガラスの円錐があるのか、調べてみました。
もちろん全て黒川紀章建築です。(大きさはいろいろです)

東京の国立新美術館
こちらは、円錐タワーというより、ガラスの円錐が埋め込まれている感じになっています。

福井県の恐竜博物館にもガラスの円錐タワーが。

長野県の山ノ内町立志賀高原ロマン美術館

海外にもありますよ。オーストラリアのメルボルンセントラル

シンガポールのレイン・クロフォード・プレイス
コチラにもわかりやすく紹介されています。

ガラスではありませんが、白瀬南極探検隊記念館にも円錐タワーがあります。

などなどです。パパッと調べてみてこれだけ見つかりました。
まだまだ他にもありそうですね。

全部現地を訪ねて円錐タワー写真を撮ってコレクションしたくなってきました。笑

こちらで、建物の効果的な撮り方など、木村さんにレクチャーしていただきました。
間近で見るアルミ貼りの壁もカッコいい!↓

木村さんありがとうございました。

芝生の上にあった石を見つけて、いきなり遊び始めるお子さまたち↓
カワイイ〜〜癒されます〜〜😊

いつもは、撮影会が終わって集合写真を撮りますが、
今回の集合解散場所は屋内だったので、
せっかく撮るなら、屋外で黒川建築を背景に撮りましょうという話になり、
撮影会の途中でみなさんに集まっていただきました。
今回は、募集人数を増やしたので、いつもより大所帯です。

 

つづく。

次回は、エントランスホールに潜む惑星について書こうと思います。

【公式】Hello! NEW 新居浜Instagram←こちらに参加された方の写真がリポストされていますので、是非ご覧ください。

#ニイハマ写真部 ←コチラにもステキな写真がたくさんありますので、ぜひ探してみてくださいね!!

0

一覧へもどる

この人は他にこんな記事を書いています

PAGETOP

お問い合わせ

新居浜市に関するご質問にお答えします。資料送付のご依頼にも対応いたします。
WEBサイト、またはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。

新居浜市 地方創生推進課

tel. 0897-65-1238

受付時間:月~金 8:30~17:15

フォームから問い合わせる

PAGE TOP